青べか物語

世界大百科事典 第2版の解説

あおべかものがたり【青べか物語】

山本周五郎の小品集。1960年(昭和35)1~12月号《文芸春秋》に連載。1928年から1年余,江戸川河口の漁師町浦安に仮寓した山本は,青いべか舟(海苔を採る一人乗りの平底舟)で読書や素描を楽しみ,病苦失恋失職,貧困,孤独を慰めた。この間に見聞した特異な浦粕(浦安)世界の人情風物を33の短編に練りあげ,小説のエッセンスだけを抽出しようと試みた作品。人間の原形質剔抉(てつけつ)し,海苔すき小屋や川辺にまで登場人物と等しい人格を付与した作物として,山本の最高の文学的到達とされるばかりでなく,日本近代文学が従来もたなかった傑出した収穫と評価する向きが少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android