青べか物語(読み)アオベカモノガタリ

デジタル大辞泉「青べか物語」の解説

あおべかものがたり〔あをべかものがたり〕【青べか物語】

山本周五郎による連作短編小説。昭和35年(1960)「文芸春秋連載浦安をモデルとする架空の町「浦粕」を舞台に、昭和初期の漁師町の人間模様を描いた作品。昭和36年(1961)、文芸春秋読者賞に選ばれたが受賞辞退。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「青べか物語」の解説

あおべかものがたり【青べか物語】

山本周五郎の小品集。1960年(昭和35)1~12月号《文芸春秋》に連載。1928年から1年余,江戸川河口の漁師町浦安に仮寓した山本は,青いべか舟(海苔を採る一人乗りの平底舟)で読書や素描を楽しみ,病苦失恋失職,貧困,孤独を慰めた。この間に見聞した特異な浦粕(浦安)世界の人情風物を33の短編に練りあげ,小説のエッセンスだけを抽出しようと試みた作品。人間の原形質剔抉(てつけつ)し,海苔すき小屋や川辺にまで登場人物と等しい人格を付与した作物として,山本の最高の文学的到達とされるばかりでなく,日本近代文学が従来もたなかった傑出した収穫と評価する向きが少なくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android