コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青べか物語

デジタル大辞泉プラスの解説

青べか物語

山本周五郎の長編小説。1961年刊行。川島雄三監督、森繁久弥主演の同名映画(1962)の原作。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおべかものがたり【青べか物語】

山本周五郎の小品集。1960年(昭和35)1~12月号《文芸春秋》に連載。1928年から1年余,江戸川河口の漁師町浦安に仮寓した山本は,青いべか舟(貝や海苔を採る一人乗りの平底舟)で読書や素描を楽しみ,病苦,失恋,失職,貧困,孤独を慰めた。この間に見聞した特異な浦粕(浦安)世界の人情・風物を33の短編に練りあげ,小説のエッセンスだけを抽出しようと試みた作品。人間の原形質剔抉(てつけつ)し,海苔すき小屋や川辺の葦にまで登場人物と等しい人格を付与した作物として,山本の最高の文学的到達とされるばかりでなく,日本近代文学が従来もたなかった傑出した収穫と評価する向きが少なくない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

青べか物語の関連キーワード山本 周五郎浦安(市)東野 英心森繁 久弥浦安[市]新藤兼人志村智雄

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青べか物語の関連情報