コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴沢探山 つるさわ たんざん

3件 の用語解説(鶴沢探山の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

鶴沢探山

江戸中期の狩野派の画家。名は守見・良信・兼信、別号に幽泉・探春・探川等。狩野探幽に学び、のち法眼に叙せられる。享保14年(1729)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鶴沢探山 つるさわ-たんざん

1655-1729 江戸時代前期-中期の画家。
明暦元年生まれ。狩野(かのう)派鶴沢家の祖。元禄(げんろく)のころ狩野探幽門下から選抜され,禁裏御用絵師となる。宝永期の内裏造営,享保(きょうほう)期の東宮御殿建造に際し障壁画をえがいた。法眼(ほうげん)。享保14年7月13日死去。75歳。名は守見,兼信。別号に探川,幽泉,探春。作品に「鉄拐(てっかい)・山水図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鶴沢探山

没年:享保14.7.13(1729.8.7)
生年:明暦1(1655)
江戸中期の画家。名は守見,兼信。京都の人。江戸に出て狩野探幽に入門,探川と号した。元禄(1688~1704)のころ,東山天皇の勅宣により探幽門下中から選ばれて上洛,禁裡御用絵師となり,探山と改号。別に幽泉の号がある。宝永(1704~11)度造営の禁裡,享保10(1725)年ごろ建造の東宮御殿に障壁画を描き,法眼に叙せられ,鶴沢派の祖となった。子の探鯨の代に本姓の鶴沢に復し,以後探索―探春―探泉と続いて,京都における探幽系江戸狩野の一派として活躍した。作品としては「鉄拐・山水図」三幅対(東京国立博物館蔵)がある。

(星野鈴)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鶴沢探山の関連キーワード林幽篤秀雪亭徳力善水林信春平蕉斎織田東民牧菴狩野探玄曽我蕭白山本宗川

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone