鶴牧藩(読み)つるまきはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴牧藩
つるまきはん

上総(かずさ)国市原(いちはら)郡椎津(しいづ)村(千葉県市原市)に陣屋を置いた譜代(ふだい)藩。1827年(文政10)に安房(あわ)国北条藩(千葉県館山(たてやま)市)1万5000石の藩主水野忠韶(ただてる)がここに陣屋を移して成立。忠韶は1825年に城主格に昇進したので、椎津村内に設けた新陣屋を鶴牧城と公称した。領地は上総国市原・長柄(ながら)・望陀(もうだ)の3郡を中心に、安房・丹波(たんば)国に散在した。1871年(明治4)廃藩、藩領は鶴牧県となり、のち木更津(きさらづ)県を経て千葉県に編入。[川名 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android