鶴牧藩(読み)つるまきはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴牧藩
つるまきはん

上総(かずさ)国市原(いちはら)郡椎津(しいづ)村(千葉県市原市)に陣屋を置いた譜代(ふだい)藩。1827年(文政10)に安房(あわ)国北条藩(千葉県館山(たてやま)市)1万5000石の藩主水野忠韶(ただてる)がここに陣屋を移して成立。忠韶は1825年に城主格に昇進したので、椎津村内に設けた新陣屋を鶴牧城と公称した。領地は上総国市原・長柄(ながら)・望陀(もうだ)の3郡を中心に、安房・丹波(たんば)国に散在した。1871年(明治4)廃藩、藩領は鶴牧県となり、のち木更津(きさらづ)県を経て千葉県に編入。[川名 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android