コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷲田清一 わしだ きよかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鷲田清一 わしだ-きよかず

1949- 昭和後期-平成時代の哲学者,倫理学者。
昭和24年9月2日生まれ。関西大の講師,助教授をへて,昭和63年教授。平成4年阪大助教授,8年同教授。19年阪大総長。23年大谷大教授。「臨床哲学」を提唱し,看護の現場に足を運ぶなど実践にあたる。平成元年「分散する理性 現象学の視線」「モードの迷宮」でサントリー学芸賞。12年「『聴く』ことの力―臨床哲学試論」で桑原武夫学芸賞。24年「『ぐずぐず』の理由」で読売文学賞。京都府出身。京大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鷲田清一の関連キーワードドレイファス哲学者流行昭和

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鷲田清一の関連情報