コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹ノ湯[温泉] たかのゆ

1件 の用語解説(鷹ノ湯[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たかのゆ【鷹ノ湯[温泉]】

秋田県南部,雄勝(おがち)郡雄勝町にある温泉。雄物川の支流役内(やくない)川に沿って湯ノ岱(ゆのたい)温泉稲住温泉などとともに秋ノ宮温泉郷をつくる。渓谷の中に点在するひなびた温泉の一つで,泉質は食塩泉,泉温79℃で,湯量が多いため湯滝や蒸しぶろの設備もある。仙秋サンラインの開通によって宮城県の鳴子温泉郷と通じ,行楽客が多くなった。奥羽本線横堀駅から約14km,バスで50分。【谷沢 明】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鷹ノ湯[温泉]の関連キーワード院内銀山梅津政景日記雄勝石羽後雄勝の柵おおがたおがち旧雄勝町菅礼治茂木亀六

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone