鷺苔(読み)サギゴケ

デジタル大辞泉の解説

さぎ‐ごけ【××苔】

ゴマノハグサ科の多年草。田のあぜなどに生える。葉は根際に群生。春から夏に数個の淡紫色の唇形の花をつける。花が白色のものもある。紫鷺苔 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

さぎ‐ごけ【鷺苔】

〘名〙 ゴマノハグサ科の多年草。北海道南部から九州の田のあぜなどに生える。高さ五~一〇センチメートル、葉は根ぎわにむらがって生える。葉身は倒披針形で縁にあらい鋸歯(きょし)がある。春、直立する花茎の上部に数個の小さな紅紫色の唇形花をつける。初夏から夏に地をはう茎をのばして繁殖する。同属で花期の長いものをトキワハゼという。本来サギゴケと呼ばれたものは白い花の咲くシロバナサギゴケで、これはサギシバともいう。漢名に通泉草を当てるが誤用。むらさきさぎごけ。さぎそう。《季・春》 〔地錦抄附録(1733)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android