鸚鵡の杯(読み)おうむのさかずき

精選版 日本国語大辞典「鸚鵡の杯」の解説

おうむ【鸚鵡】 の 杯(さかずき)

鸚鵡貝、青、阿古屋貝など真珠光沢のある貝殻で造った。また、鸚鵡貝の形に似せた杯。曲水のなどに用いられる。鸚盞(おうさん)。おうむ。おうむのつき。おうむさかずき。おうむはい。
※本朝麗藻(1010か)下・斎院相公忌日令修諷誦〈藤原伊周〉「翠羽簾前鸚鵡盞、紅花帳下鳳凰琴」

おうむ【鸚鵡】 の 杯(つき)

※広本拾玉集(1346)三「桃の花うかぶ心に待ちぞ見るあふむのつきの石にさはるを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android