コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鸚鵡貝 オウムガイ

デジタル大辞泉の解説

おうむ‐がい〔アウムがひ〕【××鵡貝】

頭足綱オウムガイ科の軟体動物カンブリア紀に出現し古生代前半に繁栄。現在、4あるいは6種が熱帯海域にすみ、生きている化石とよばれる。現生種は殻長約20センチ、平面に螺旋(らせん)形に巻いた白い殻がオウムのくちばしを思わせる。殻の最外部の室にタコに似た軟体部があり、触手を雄で約60本、雌で約90本もち、吸盤はない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おうむがい【鸚鵡貝】

〔殻口の部分がオウムのくちばしに似ているのでいう〕
頭足綱の軟体動物。古生代に栄えた3500種以上もの化石種が知られるが、現存するのはオウムガイ科の4種のみで「生きた化石」といわれる。古生代のものは殻がまっすぐか、「つ」の形に少し曲がったものが多く、次第に巻いた殻となった。現生種は平面に内巻きに巻く。殻径20センチメートルに達し、多くの隔室に分かれ、最外部の室に軟体動物が入っている。六〇本以上の触手をもち、肉食性。太平洋・インド洋の熱帯海域に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鸚鵡貝 (オウムガイ)

学名:Nautilus pompilius
動物。オウムガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鸚鵡貝の関連キーワード鸚鵡の杯インド洋肉食性

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android