阿古屋貝(読み)アコヤガイ

大辞林 第三版の解説

あこやがい【阿古屋貝】

〔昔、阿古屋の浦に多く産したので〕
海産の二枚貝。殻長約10センチメートル。殻表は雲母状の殻片におおわれ、黒褐色で白斑が入る。内面には強い真珠光沢がある。養殖真珠の母貝とする。本州中部以南に広く分布。真珠貝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

阿古屋貝 (アコヤガイ)

学名:Pinctada fucata martensii
動物。ウグイスガイ科の二枚貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あこや‐がい ‥がひ【阿古屋貝】

〘名〙 ウグイスガイ科の二枚貝。昔、知多半島の阿古屋の浦で多くとれたところから名づけられた。殻はほぼ方形で、殻長約八センチメートル。表面は黒褐色を帯び、ひだ状の輪脈と黒い放射状のすじがある。内面は光沢ある真珠色。養殖真珠の母貝として使われ、養殖地として三重県の英虞湾、長崎県の大村湾などが有名。天然には本州中部以南の、潮間帯から浅海の岩礁に足糸で付着する。しゅじゅがい。いちょうがい。ゆずがい。
※和漢三才図会(1712)四七「(アコヤガヒ) 俗云阿古夜加比」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報