コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿子木小五郎 かのこぎ こごろう

1件 の用語解説(鹿子木小五郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿子木小五郎 かのこぎ-こごろう

1867-1922 明治-大正時代の官僚,政治家。
慶応3年2月25日生まれ。熊本,横浜などの地方裁判所判事を歴任して明治27年法制局参事官に任じられる。42年農商務省工務局長。のち香川,和歌山,岐阜各県の知事をへて貴族院議員となった。大正11年4月1日死去。56歳。肥後(熊本県)出身。独逸協会学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鹿子木小五郎の関連キーワードブラジル文学岡村司雑誌宮嶋資夫宗谷本線日本共産党藤堂平助ブラントブリジェンス松林廉之助

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone