コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿子木小五郎 かのこぎ こごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鹿子木小五郎 かのこぎ-こごろう

1867-1922 明治-大正時代の官僚,政治家。
慶応3年2月25日生まれ。熊本,横浜などの地方裁判所判事を歴任して明治27年法制局参事官に任じられる。42年農商務省工務局長。のち香川,和歌山,岐阜各県の知事をへて貴族院議員となった。大正11年4月1日死去。56歳。肥後(熊本県)出身。独逸協会学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android