コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿火屋・蚊火屋 かびや

大辞林 第三版の解説

かびや【鹿火屋・蚊火屋】

〔古くは「かひや」〕
田畑を荒らしに来る鹿しかや猪いのししを近寄らせないように火をたく小屋。一説に、蚊遣り火をたく小屋ともいう。 [季] 秋。 「 -守り」 「朝霞-が下に鳴くかはづ/万葉集 2265

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鹿火屋・蚊火屋の関連キーワード万葉集

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android