コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麗々亭柳橋(初代) れいれいてい りゅうきょう

1件 の用語解説(麗々亭柳橋(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

麗々亭柳橋(初代) れいれいてい-りゅうきょう

?-1840 江戸時代後期の落語家。
初代船遊亭扇橋の門人。はじめ扇蝶を名のり,一時柳好と称したのち柳橋と改称。人情噺(ばなし),音曲(おんぎょく)噺を得意とした。柳派の祖といわれる。天保(てんぽう)11年4月21日死去。姓は久世。俳名は亀好。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の麗々亭柳橋(初代)の言及

【人情噺】より

…上方落語《油屋与兵衛》としても伝わるその続物の人情噺は,人物描写その他に高度の話術を必要とするために,明治時代までは,その巧拙が落語家の一つの評価基準となっていた。人情噺の名手としては,みずから〈人情噺の祖〉と称していた柳派の開祖初代麗々亭柳橋(れいれいていりゆうきよう)(?‐1840),初代春風亭柳枝(りゆうし),初代談洲楼燕枝(だんしゆうろうえんし)などが有名だが,自作自演の多くの人情噺を持つ三遊亭円朝が最高の名人だった。なお,近年では,5代古今亭志ん生,6代三遊亭円生,林家彦六などが代表的演者だったが,彼ら亡きあとは,5代三遊亭円楽がこの分野に意欲を示している。…

※「麗々亭柳橋(初代)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

麗々亭柳橋(初代)の関連キーワードアヘン戦争アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史藤間流原子元素電子

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone