コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅教 コウキョウ

デジタル大辞泉の解説

こう‐きょう〔‐ケウ〕【紅教】

チベット仏教旧派。新教派の黄教に対して、従来からのニンマ(古)派などの保守的な諸宗派のこと。紅帽を着用していたことによる呼称。旧教紅帽派。紅帽派。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうきょう【紅教】

チベット仏教の一派。八世紀中頃インドからチベットに伝えられた、伝統的なチベット仏教。紅衣・紅帽をつけていることからの呼称。紅帽派。 → 黄教こうきよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紅教
こうきょう

チベット仏教」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android