コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄柏 おうばく

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうばく【黄柏】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ミカン科キハダのコルク層を除いた樹皮。強い殺菌作用があり、細菌性の下痢やけど打撲骨折などに効く。胃炎などに効く黄連(おうれん)解毒湯湿疹(しっしん)に効く温清飲(うんせいいん)などに含まれる。殺菌作用を利用し、目薬にも用いる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄柏 (キハダ)

学名:Phellodendron amurense
植物。ミカン科の落葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄柏の関連キーワードキハダ(ミカン科)黄檗・黄蘗・黄柏半夏白朮天麻湯グラム陽性菌グラム陰性菌梔子柏皮湯七物降下湯黄連解毒湯清暑益気湯荊芥連翹湯安塚[町]滋陰降火湯柴胡清肝湯黄蘗・黄檗ベルベリンオウバク陀羅尼助コルク層墨流し中黄膏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android