コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄連/黄蓮 オウレン

デジタル大辞泉の解説

おう‐れん〔ワウ‐〕【黄連/黄×蓮】

キンポウゲ科の常緑多年草。山地の樹林下に生え、根茎は太く黄色で、多数のひげ根を出す。雌雄異株。早春、高さ約10センチの花茎を出し、白い花を数個開く。漢方で乾燥した根茎を健胃・消炎薬として用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうれん【黄連】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。キンポウゲ科セリバオウレンキクバオウレン根茎を乾燥したもの。植物性化合物であるアルカロイドを各種含み、消炎殺菌作用などがある。高血圧に効く黄連解毒湯急性胃炎消化不良に用いる黄連湯などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄連 (オウレン)

学名:Coptis japonica
植物。キンポウゲ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄連/黄蓮の関連キーワードオウバク(黄柏)清上防風湯柴胡清肝湯半夏瀉心湯竹筎温胆湯四川(省)配置家庭薬黄連阿膠湯荊芥連翹湯三黄瀉心湯ベルベリンタツタソウ草レダママクリ柴陥湯女神散温清飲山梔子阿膠大棗

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android