コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄連/黄蓮 オウレン

2件 の用語解説(黄連/黄蓮の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おう‐れん〔ワウ‐〕【黄連/黄×蓮】

キンポウゲ科の常緑多年草。山地の樹林下に生え、根茎は太く黄色で、多数のひげ根を出す。雌雄異株。早春、高さ約10センチの花茎を出し、白い花を数個開く。漢方で乾燥した根茎を健胃・消炎薬として用いる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

おうれん【黄連】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。キンポウゲ科セリバオウレンキクバオウレン根茎を乾燥したもの。植物性化合物であるアルカロイドを各種含み、消炎殺菌作用などがある。高血圧に効く黄連解毒湯急性胃炎消化不良に用いる黄連湯などに含まれる。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone