コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温清飲 うんせいいん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

うんせいいん【温清飲】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)当帰(とうき)地黄(じおう)芍薬(しゃくやく)黄芩(おうごん)川芎(せんきゅう)山梔子(さんしし)黄連(おうれん)黄柏(おうばく)などを含む。明(みん)代の医学書『万病回春(まんびょうかいしゅん)』などに処方が示されている。月経不順月経困難更年期障害血の道(みち)症神経症湿疹(しっしん)などに用い、皮膚の色・つやが悪く、のぼせ、血行不良といった症状をともなっているとき、とくに有効とされる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

温清飲の関連キーワード子宮筋腫

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android