コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄華庵升六 こうかあん しょうろく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黄華庵升六 こうかあん-しょうろく

?-1813 江戸時代後期の俳人。
大坂の人。勝見二柳(じりゅう)にまなぶ。芭蕉(ばしょう)堂3代となり,正風道場と称する。小林一茶(いっさ)と親交があり,その談話がきっかけで注釈書「冬の日注解」をまとめた。文化10年9月3日死去。通称は升屋六兵衛。別号に無衰庵など。句集に「黄華庵句集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黄華庵升六の関連キーワード井上遅春坂上呉老夜来升六俳人大坂

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android