コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黄雁皮 キガンピ

デジタル大辞泉の解説

き‐がんぴ【黄×雁皮】

ジンチョウゲ科の落葉低木。関西地方以西の山地に自生し、高さ約1メートル。葉は卵形対生。秋、黄色の小花が咲く。樹皮和紙原料に用いる。黄小(きこ)雁皮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きがんぴ【黄雁皮】

ジンチョウゲ科の落葉小低木。ガンピの近縁種で、関西以西の山地に自生する。高さ約1メートル。葉は対生し、楕円形。秋、枝先に黄色の円柱状の小花が集まってつく。樹皮は製紙の原料。黄小雁皮。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

黄雁皮 (キガンピ)

学名:Wikstroemia trichotoma
植物。ジンチョウゲ科の落葉小低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

黄雁皮の関連キーワード黄小雁皮美濃紙楕円形近縁種製紙

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android