黐竿(読み)モチザオ

大辞林 第三版の解説

もちざお【黐竿】

鳥や昆虫をとるために、先に黐をつけたさお。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

もち‐ざお ‥ざを【黐竿】

〘名〙 鳥や昆虫を捕えるために先端にとりもちを塗った竹竿。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「黏箱腰にさげ、黏竿(モチザヲ)手に持」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android