鷓鴣(読み)シャコ

大辞林 第三版の解説

しゃこ【鷓鴣】

キジ目キジ科の鳥のうち、ウズラよりひとまわり大きく、尾が短くて、茶褐色の地味な色彩をしたものの一般的な呼称。
古く、ヤマウズラを誤って呼んだ称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐こ【鷓鴣】

〘名〙
① キジ科の鳥のうち、尾が短い小形種の一部の総称。分類上シャコ・ウズラ類は四~五群に分けられ、そのうちの二~三群の鳥の名に用いられる。
菅家後集(903頃)九日侍宴、同賦寒露凝「唯有鷓鴣飛負一レ葉、且無荊棘立垂一レ珠」 〔李白‐越中覧古詩〕
[補注]「鷓鴣」は、中国ではコモンシャコをさす。日本では、一時ヤマウズラに当てたことがあり、現在でもヤマウズラ類には「…シャコ」と呼ばれるものがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android