コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒める クロメル

デジタル大辞泉の解説

くろ・める【黒める】

[動マ下一][文]くろ・む[マ下二]
黒くする。黒色に染める。
「潮風に吹き―・められ日の光りに照り―・められて」〈露伴・いさなとり〉
うまくだます。ごまかす。取り繕う。
「あとを―・めてたもれ」〈虎明狂・髭櫓
暮らしを立てる。
「あの人の身をも―・めてやりたいの念力一つで立てる身が」〈浄・丹波与作

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

くろめる【黒める】

( 動下一 ) [文] マ下二 くろ・む
黒くする。黒く染める。 「野焼の痕の-・める土より/不如帰 蘆花
ごまかす。とりつくろう。 「其間の寂しさを-・めんために/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

黒めるの関連キーワード言い黒める浮世草子不如帰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android