コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒住宗信 くろずみ むねのぶ

1件 の用語解説(黒住宗信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒住宗信 くろずみ-むねのぶ

1822-1856 江戸時代後期の宗教家。
文政5年6月21日生まれ。黒住宗忠の長男。天保(てんぽう)12年父の跡をついで黒住教第2代となり,教団の発展につとめた。安政3年9月5日死去。35歳。備前(岡山県)出身。通称は誠弥。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の黒住宗信の言及

【黒住教】より

…会席による布教は,出席者が身分にかかわりなく先着順に着席したように,人間はすべて天照大神の子として平等であるという民衆宗教たる性格をあらわしたもので,教勢発展に大きな役割をはたした。1841年(天保12)に宗忠の長男黒住宗信が跡目をついだころより教勢は伸び,岡山藩士をはじめ備前・備中・美作各国の地主・自作農・有力町人層に信者が拡大,弘化年間に教団組織を確立した。門人赤木忠春は京都で祈禱をつうじて日本の祖神たる天照大神の信仰を説いた。…

※「黒住宗信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

黒住宗信の関連キーワード柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織真珠岩粗粒玄武岩三雲遺跡ペドロブラガンサ朝藩学一覧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone