コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒住宗信 くろずみ むねのぶ

1件 の用語解説(黒住宗信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒住宗信 くろずみ-むねのぶ

1822-1856 江戸時代後期の宗教家。
文政5年6月21日生まれ。黒住宗忠の長男。天保(てんぽう)12年父の跡をついで黒住教第2代となり,教団の発展につとめた。安政3年9月5日死去。35歳。備前(岡山県)出身。通称は誠弥。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の黒住宗信の言及

【黒住教】より

…会席による布教は,出席者が身分にかかわりなく先着順に着席したように,人間はすべて天照大神の子として平等であるという民衆宗教たる性格をあらわしたもので,教勢発展に大きな役割をはたした。1841年(天保12)に宗忠の長男黒住宗信が跡目をついだころより教勢は伸び,岡山藩士をはじめ備前・備中・美作各国の地主・自作農・有力町人層に信者が拡大,弘化年間に教団組織を確立した。門人赤木忠春は京都で祈禱をつうじて日本の祖神たる天照大神の信仰を説いた。…

※「黒住宗信」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒住宗信の関連キーワード宗教家逸山鬘師友九桂文来長隠(1)籬菊丸治宮松下千代柳川国直媹姾喜之

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone