コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒河内松斎 くろこうち しょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒河内松斎 くろこうち-しょうさい

1794-1858 江戸時代後期の武士。
寛政6年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。祖父節斎に長沼流軍学をまなぶ。江戸の藩邸で備後(びんご)(広島県)福山藩士らに兵法をおしえ,将軍徳川家慶(いえよし)の前で操練もおこなった。のち番頭(ばんがしら)と軍事奉行をかねた。安政5年5月13日死去。65歳。名は高定。通称は十太夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒河内松斎の関連キーワードペリー安政の大獄葛飾北斎東洲斎写楽銃創瑣言東洲斎写楽西宮新六ミュラー桂川甫周小林良典