コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田せり

デジタル大辞泉プラスの解説

黒田せり

島根県松江市で生産されるセリアクが少なく香りがよい。藩政時代から栽培が続くといわれ、名称産地江戸時代の旧地名(黒田村)に由来する。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

黒田せり[葉茎菜類]
くろだせり

中国地方、島根県の地域ブランド。
主に松江市黒田町で生産されている。同地沼地で、野生のセリが多数生えていた。江戸時代、5代松江藩主・松平宜維が有用植物生産を奨励野生種のせりが改良されて、黒田せりが誕生した。品種改良農具の改良により収穫作業の困難さが減少し、明治以降は栽培・食用ともに普及した。シャキシャキとした歯触りと香りが特徴。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

黒田せりの関連キーワード島根県松江市中国地方