コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田俊節 くろだ しゅんせつ

1件 の用語解説(黒田俊節の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田俊節 くろだ-しゅんせつ

1839-1884 明治時代の囲碁棋士。
天保(てんぽう)10年生まれ。服部正徹(せいてつ)に師事。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍の鷲尾隆聚(わしのお-たかつむ)にしたがい,東北各地を転戦する。明治12年方円社で本因坊秀甫(しゅうほ),小林鉄次郎らと対局した。6段。明治17年2月7日死去。46歳。江戸出身。名は源次郎,のち六左衛門,俊三。字(あざな)は貞文。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒田俊節の関連キーワードタンジマートジョイナースタング(父子)新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧豊沢団平(2代)三遊亭円生

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone