コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田俊節 くろだ しゅんせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田俊節 くろだ-しゅんせつ

1839-1884 明治時代の囲碁棋士。
天保(てんぽう)10年生まれ。服部正徹(せいてつ)に師事。戊辰(ぼしん)戦争では新政府軍の鷲尾隆聚(わしのお-たかつむ)にしたがい,東北各地を転戦する。明治12年方円社で本因坊秀甫(しゅうほ),小林鉄次郎らと対局した。6段。明治17年2月7日死去。46歳。江戸出身。名は源次郎,のち六左衛門,俊三。字(あざな)は貞文

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

黒田俊節の関連キーワード高野長英ジョイナースベルドラップ(Johan Sverdrup)タンジマートオブレノビチ家ショパンポー(Edgar Allan Poe)ジョイナースタング(父子)デグロン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android