コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本因坊秀甫 ほんいんぼうしゅうほ

3件 の用語解説(本因坊秀甫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

本因坊秀甫
ほんいんぼうしゅうほ

[生]天保9(1838).江戸
[没]1886.10.
囲碁準名人。本名村瀬秀甫,幼名彌吉。 14世本因坊秀和の門下。文久2 (1862) 年,秀和の跡目秀策が没し,再跡目になるはずであったが,丈和未亡人の干渉で果さず,上手 (7段) に進められたのみであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本因坊秀甫 ほんいんぼう-しゅうほ

1838-1886 幕末-明治時代の囲碁棋士。
天保(てんぽう)9年生まれ。江戸上野車坂下の職人の子。13世本因坊丈策,14世秀和の弟子。秀和の跡目となれず,明治12年中川亀三郎らと方円社を結成し初代社長となり,坊門と対立した。19年17世本因坊秀栄と和解,8段をおくられ18世をゆずられたが,同年10月14日急死した。49歳。姓は村瀬。通称は弥吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

本因坊秀甫

没年:明治19.10.14(1886)
生年:天保9(1838)
明治期の囲碁棋士,18世本因坊。江戸の上野車坂下の生まれ。本姓村瀬,幼名弥吉。本因坊丈策,秀和に師事,嘉永1(1848)年初段,秀甫と改名。文久1(1861)年六段に進み,秀策と並んで坊門の竜虎といわれた。明治維新前後の時代の急変の中で坊門との確執もあり,明治12(1879)年中川亀三郎らと囲碁結社「方円社」を設立,初代社長となった。19年,本因坊秀栄と和解が成立,八段を免許されて18世本因坊となった。その3カ月後に急逝。<著作>『方円新法』<参考文献>林海峰『秀甫』(日本囲碁大系)

(谷口牧夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本因坊秀甫の関連キーワード本因坊秀栄井田知碩本因坊元丈本因坊策元本因坊秀悦本因坊秀元本因坊知伯本因坊道知本因坊道的水谷琢順

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本因坊秀甫の関連情報