コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田土佐子 くろだ とさこ

2件 の用語解説(黒田土佐子の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田土佐子 くろだ-とさこ

1682-1758 江戸時代中期の女性。
天和(てんな)2年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)沼田藩主黒田直邦の妻。享保(きょうほう)2年江戸の大火で本邸が焼失し,別邸に仮住まいしたときの手記「石原記」,養子直純の上総(かずさ)(千葉県)久留里(くるり)藩主時代につけた日記「言の葉草」をのこす。大名家の日常生活が詳細にしるされている。宝暦8年11月25日死去。77歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒田土佐子

没年:宝暦8.11.25(1758.12.25)
生年:天和2(1682)
江戸中期,甲斐国甲府藩主柳沢吉保の養女。江戸の人。上野国(群馬県)沼田藩主黒田直邦の妻。享保2(1717)年1月の江戸大火で常盤橋の本邸が焼失し本所石原の別邸へ仮住まいした折の生活記録『石原記』や,直邦没後養子直純が跡を継ぎ,上総国(千葉県)久留里藩主となったころの随筆風日記『言の葉草』全6巻(1750年代成立)を残し,大名家の日常生活を細かく描写している。

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田土佐子の関連キーワード久米江田かつ菊本おはん国包(10代)堺屋おそで清水動斎高田三節(初代)蔦屋お芳出目満総富岡有佐

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone