コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田清 くろだ きよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田清 くろだ-きよし

1931-2000 昭和後期-平成時代のジャーナリスト。
昭和6年2月15日生まれ。昭和27年読売新聞大阪本社に入社。社会部長をへて編集局次長。コラム「窓」を執筆,大型連載「戦争」を手がけたほか,黒田軍団とよばれる社会部をひきいておおくのスクープをものにした。61年退社して黒田ジャーナルを設立し,「窓友新聞」を発行。平成12年7月23日死去。69歳。大阪出身。京大卒。著作に「警官汚職」(共著),「新聞記者の現場」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

黒田清の関連キーワード東京国立文化財研究所チョン インキョン乳房を抱く娘たちグレシュルロアンジャーナリスト紀宮清子内親王強虫女と弱虫男山県有朋内閣藪の中の黒猫竹山ひとり旅黒田 清輝大井田 斉裸の十九才久米桂一郎夜会の果て山下新太郎勝山 方教和田三造野口謙蔵性の起原

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒田清の関連情報