コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛惜 アイジャク

デジタル大辞泉の解説

あい‐じゃく【愛惜】

[名](スル)あいせき(愛惜)1」に同じ。

あい‐せき【愛惜】

[名](スル)
愛して大切にすること。あいじゃく。「愛惜する本」
名残惜しく思うこと。「過ぎ去った青春を愛惜する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あいじゃく【愛惜】

あいせき(愛惜) 」に同じ。
〘仏〙 「 あいじゃく(愛着) 」に同じ。

あいせき【愛惜】

( 名 ) スル
あるものがとても気にいって心がひかれ、大切にすること。あいじゃく。 「父の-していた古伊万里」
名残惜しく思うこと。惜しむこと。 「行く春を-する」 〔同音語の「哀惜」は人の死などについていい、「愛惜」は物などについていう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

愛惜の関連キーワード夕・寂・尺・席・惜・戚・斥・昔・析・汐・石・碩・積・籍・績・脊・責・赤・跡・蹟・隻ロート(Joseph Roth)日本のおもな郷土菓子哀・愛・穢・隘・靄オプストフェルダーイン・メモリアムゴールズワージーイタリア映画パルムの僧院哀れ・憐れ菅原孝標女偽れる盛装ピニャテル仙台駄菓子エリア随筆吉田絃二郎新藤兼人在原業平一握の砂フモール

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛惜の関連情報