コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田稲皐 くろだ とうこう

3件 の用語解説(黒田稲皐の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

黒田稲皐

江戸後期の画家。鳥取藩士。姓は林、名は文祥、通称を六之丞、画を土方稲嶺に学び、鯉を能く描く。弘化4年(1847)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田稲皐 くろだ-とうこう

1787-1846 江戸時代後期の武士,画家。
天明7年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。武芸に長じ,鳥取新田藩(東館(ひがしだて))藩主池田仲雅の近習となる。藩絵師土方稲嶺(ひじかた-とうれい)に写生画法をまなび,鯉の絵にすぐれた。弘化(こうか)3年11月6日死去。60歳。本姓は林。名は文祥。通称は六之丞。別号に稲葉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

黒田稲皐

没年:弘化3.11.6(1846.12.23)
生年:天明7(1787)
江戸後期の武士で画家。鳥取藩士林源三郎の弟。名は文祥。通称六之丞。黒田家の養子になり,藩主池田仲雅の近侍となる。武芸に長ず。藩の絵師土方稲嶺に写生画風の画を学び,稲皐と号す。鯉の図を得意とし,「群鯉図屏風」(東京芸大蔵)がある。

(武田光一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

黒田稲皐の関連キーワード稲村三羽池田長溥岡田子明片山辰世久留島通嘉鈴木春波鈴木宗休高田亘柳糸園綾風竜眠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone