コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒田稲皐 くろだ とうこう

美術人名辞典の解説

黒田稲皐

江戸後期の画家。鳥取藩士。姓は林、名は文祥、通称を六之丞、画を土方稲嶺に学び、鯉を能く描く。弘化4年(1847)歿、60才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

黒田稲皐 くろだ-とうこう

1787-1846 江戸時代後期の武士,画家。
天明7年生まれ。因幡(いなば)鳥取藩士。武芸に長じ,鳥取新田藩(東館(ひがしだて))藩主池田仲雅の近習となる。藩絵師土方稲嶺(ひじかた-とうれい)に写生画法をまなび,鯉の絵にすぐれた。弘化(こうか)3年11月6日死去。60歳。本姓は林。名は文祥。通称は六之丞。別号に稲葉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

黒田稲皐

没年:弘化3.11.6(1846.12.23)
生年:天明7(1787)
江戸後期の武士で画家。鳥取藩士林源三郎の弟。名は文祥。通称六之丞。黒田家の養子になり,藩主池田仲雅の近侍となる。武芸に長ず。藩の絵師土方稲嶺に写生画風の画を学び,稲皐と号す。鯉の図を得意とし,「群鯉図屏風」(東京芸大蔵)がある。

(武田光一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

黒田稲皐の関連キーワード没年

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android