コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒石よされ くろいしよされ

1件 の用語解説(黒石よされの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒石よされ
くろいしよされ

青森県黒石市で毎年 8月15,16日に行なわれる盆踊。徳島県徳島市阿波踊,岐阜県郡上市郡上踊と並ぶ日本三大流し踊りの一つと称され,両日夜に市内の通りで行なわれる 3000人もの踊り手による流し踊りで知られる。江戸時代の天明年間(1781~88)頃に,黒石藩家老,境形右衛門(さかいぎょうえもん)が城下振興のために盆踊を盛大に行なうようにしたのが始まりといわれ,幕末には太鼓三味線を奏でながら多数の人々が踊っていたことが記録されている。「よされ」という名称には,豊作のときには,働くことを「よ」して踊りな「され」,凶作のときには,こうした「世」は早く「去れ」という意味が込められているともいわれる。踊りは御幸公園を主会場とする黒石市中心部を一周する経路で行なわれる。近隣から集まった踊り組が,通りを流す流し踊りと円を描いて踊る廻り踊り,津軽民謡の手踊りを一糸乱れず踊る組み踊りなどを披露して,黒石よされ大賞を始めとする賞を目指して競い合う。また,個人の自由参加も許されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒石よされの関連情報