コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿波踊 あわおどり

6件 の用語解説(阿波踊の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿波踊
あわおどり

徳島県徳島市周辺で行なわれる盆踊。8月の盆(→盂蘭盆)に合わせて踊られる。最も大規模な徳島市の阿波踊は毎年 8月12~15日に行なわれる。男性は半纏ゆかた手拭のほおかぶりに白足袋,女性はゆかた鳥追い笠と呼ばれる編笠,下駄履き姿で,連(れん)と呼ばれるグループを組み,腰を落とし両手足を交互に突き出すようにして踊る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あわ‐おどり〔あはをどり〕【×波踊(り)】

徳島市を中心にして行われる盆踊り。数十人が連(れん)といわれる組をつくって、阿波よしこの節と、急調の三味線、囃子(はやし)に合わせ、姿態をくねらせて練り踊る。 秋》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿波踊【あわおどり】

阿波,徳島市の盆踊。8月中旬に全市をあげて行われる。踊りの振りは自由で急調な囃子(はやし)に合わせて輪にならず進む。〈踊るあほうに……〉の囃子詞(ことば)は有名。
→関連項目徳島[県]徳島[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

あわおどり【阿波踊】

徳島の日本酒。蔵元は「真野武酒造」。所在地は三好市池田町。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
本事典は現在流通している、あるいは過去に存在した本格焼酎・泡盛の銘柄を集めたものです。限定品や終売品、蔵元の転廃業などで既になくなった銘柄も含まれていますのでご了承下さい。それぞれの情報は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あわおどり【阿波踊】

徳島市を中心に徳島県下一円で踊られている盆踊淡路島でも踊る。阿波踊の名称は昭和初年に林鼓浪が旧国名によって命名したものという。伴奏は三味線・笛・太鼓・鉦(かね)などで急調子にはやしたてるが,唄は落ち着きのある《よしこの節》である。男は尻ぱしょりの浴衣がけに手ぬぐい頰かぶり,足袋はだし,女は片肩脱ぎの浴衣を裾からげに着て赤い蹴出しを見せ鳥追笠をかぶり,白手甲,白脚絆,白足袋,黒の利休下駄をはき,数十人単位の連(れん)を作り街道を流し踊り歩く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿波踊
あわおどり

徳島市を中心に踊られる盆踊り。盆踊りは徳島県下でもほとんど輪踊りであるが、徳島城下町だけは行進する盆踊りが発達した。これを阿波踊と名づけたのは昭和になってからである。土地の伝えでは、阿波藩祖蜂須賀家政(はちすかいえまさ)の築城祝いに無礼講を許したのに始まるという。1798年(寛政10)の盆踊り絵も現存する。今日の阿波踊には、三味線や鳴物、または笛、胡弓(こきゅう)、尺八などを合奏して流す朝の「ながし」と、夜の「ぞめき」とがあるが、「ながし」のほうは衰退しつつある。「ぞめき」は「きちがいおどり」ともよばれるほど熱狂的なものである。数十人が連(れん)といわれる組をつくって、三味線、笛、鉦(かね)、太鼓に『よしこの節』の「踊る阿呆(あほう)に 見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らな損 損」といった歌を歌いながら姿態をくねらせ踊りつつ行進していく。腕は両肩から上にあげ、腰の上下動は少ないのがよいとされるが、振りは奔放であり、底抜けに明るい。旧暦の盆に踊られてきたが、1976年(昭和51)より8月12日から4日間となり、毎年多くの観光客を集めている。[萩原秀三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿波踊の言及

【盆踊】より

…前者は基本的に踊りの振りが同一であるが,地方によっては同じ輪でありながら扮装の違いによって振りを変える岡山県笠岡市白石島の白石踊や,踊りの輪によって振りのテンポを違える所もある。〈連〉が街を練り歩くのは徳島の阿波踊や広島県三原市のやっさ踊が代表的で,いずれも振の自由な乱舞型式であり,阿波踊には〈流し〉〈ぞめき〉などの技法がある。また新盆の家や年忌の家を歴訪して踊る型式もあり,特殊な盆踊としては,歌われる口説の登場人物の扮装で,持物を打ち合わせながら踊る〈仕組踊〉や,狂言風の〈盆俄(ぼんにわか)〉などがある。…

【よしこの節】より

…1838年(天保9),江戸の都々逸坊扇歌が《よしこの節》に〈名古屋節〉をとり入れて〈どどいつ節〉(都々逸)を大成しもてはやされたが,京坂では長く《よしこの節》を残した。徳島県の阿波踊の歌は《よしこの節》を民謡化したものである。【舘野 善二】。…

※「阿波踊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿波踊の関連キーワード徳島県徳島市藍場町徳島県徳島市安宅徳島県徳島市春日徳島県徳島市銀座徳島県徳島市住吉徳島県徳島市寺町徳島県徳島市徳島町徳島県徳島市徳島町城内徳島県徳島市富田浜徳島県徳島市福島

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿波踊の関連情報