コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

黒石藩 くろいしはん

2件 の用語解説(黒石藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒石藩
くろいしはん

江戸時代末期,陸奥国津軽郡 (青森県) の一部を領有した小藩。藩主津軽氏。1万石。弘前藩の支藩。外様,江戸城柳間詰。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

黒石藩
くろいしはん

江戸後期、陸奥(むつ)国津軽郡黒石周辺を領した外様(とざま)小藩。現在の青森県黒石市にあたる。弘前(ひろさき)藩主津軽(つがる)氏の支藩。1656年(明暦2)2月津軽信英(のぶふさ)が兄信義(のぶよし)(弘前藩主)の遺領のうち、陸奥国津軽郡および上野(こうずけ)国(群馬県)勢多(せた)郡のうちにおいて5000石を与えられ、幕臣として寄合(よりあい)に列した。2代信敏(のぶとし)は、1662年(寛文2)12月家督相続にあたって、1000石を弟信純(のぶずみ)に分与し、残り4000石を領した。1809年(文化6)8代親足(ちかたる)のとき、宗藩より蔵米6000石を再分与されて大名に列し、黒石藩が成立、1871年(明治4)廃藩置県まで続いた。この間、1698年(元禄11)6月3代政(まさたけ)のとき、上野国勢多郡の領地が収公され、陸奥国津軽郡の内と伊達(だて)郡秋山村(福島県川俣(かわまた)町)の内に移され、秋山村高1150石8斗8升のうち370石余が黒石領となった。分領の支配は当初秋山村名主佐藤長左衛門が行い、1730年(享保15)からは割元(わりもと)役高橋清左衛門が代官役となり、知行50石を拝領したという。[誉田 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の黒石藩の言及

【弘前藩】より

…領知高は45年(正保2)の津軽知行高之帳によれば,津軽領4万5000石,ほかに上野国大館などに2000石を加え計4万7000石であった。蝦夷地警衛の功により,1805年(文化2)7万石,08年10万石の家格とされ,翌年6000石を分与して黒石藩1万石を立藩した。69年(明治2)戊辰の功により1万石を加封。…

※「黒石藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

黒石藩の関連キーワード青森県北津軽郡板柳町青森県東津軽郡今別町今別青森県西津軽郡深浦町関青森県北津軽郡板柳町辻青森県中津軽郡青森県西津軽郡青森県南津軽郡藤崎町藤崎青森県西津軽郡深浦町舮作青森県南津軽郡藤崎町水木青森県東津軽郡蓬田村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

黒石藩の関連情報