黒石市(読み)くろいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒石〔市〕
くろいし

青森県南部にある市。 1954年黒石町と山形,浅瀬石 (あせいし) ,中郷 (なかごう) ,六郷 (ろくごう) の4村が合体して市制。市域津軽平野南東部から奥羽山脈の山地にかけて広がり,岩木川の支流浅瀬石川に沿う。中心市街地は弘前藩の支藩,黒石藩1万石の城下町として発展。青森県農業試験場,青森県りんご試験場があり,米作,リンゴの栽培が盛んである。浅瀬石川に沿って黒石温泉郷がある。十和田湖観光の西の玄関にあたり,市域が黒石温泉郷県立自然公園に属する。東西に国道 102号線 (十和田道) ,南北に東北自動車道が通り,黒石インターチェンジがある。面積 217.05km2。人口 3万4284(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒石市の関連情報