黒衣の宰相(読み)コクイノサイショウ

  • こくい
  • こくいのさいしょう〔サイシヤウ〕
  • こくえ
  • こくえのさいしょう〔サイシヤウ〕
  • の 宰相(さいしょう)
  • 黒▽衣の宰相
  • 黒衣

精選版 日本国語大辞典の解説

僧侶の身で政治に参与し、大きな影響力を及ぼす者。こくいの宰相。
※神皇正統記(1339‐43)上「南朝の宋の世に恵琳と云し人、政事にまじらひしを黒衣宰相といひき」
こくえ(黒衣)の宰相通鑑文帝上之上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の黒衣の宰相の言及

【以心崇伝】より

…翌年の紫衣(しえ)事件では沢庵らの厳罰を主張。後世に〈黒衣の宰相〉と呼ばれ策謀家と受けとられがちであるが,実態は五山僧としての内外古典の学殖によって家康の側近に登用された実務家である。室町幕府においても外交文書の起草は五山僧の仕事であったし,文字によって伝えられた故実・伝統にのっとりながら政権の基礎を固めようとしていた家康にとって,その意図を法制に表現するには崇伝の才能は不可欠だった。…

【黒幕】より

…伝統的君主制における国王の側近による政治はその例であり,また18世紀イギリスでE.バークが指摘した〈国民的基盤に立つ政府に代わる密室と裏階段の私党〉,アメリカのジャクソン大統領が正式な閣僚よりも彼の私的な仲間によって政治を行ったのを反対派が批判して呼んだキチン・キャビネットも黒幕的存在といえよう。日本では江戸幕府創設期の密事にかかわった以心崇伝(金地院崇伝)や天海のような〈黒衣の宰相〉と呼ばれた僧侶はその例である。比較的最近の例では占領下の日本政府を動かしたGHQも黒幕的役割を果たした。…

【満済】より

…万事に峻厳であった将軍義教の治世には,その不快をこうむって蟄居する公家,武士が少なくなかっただけに,満済に対する諸人の期待は大きかった。〈黒衣の宰相〉といわれるゆえんであるが,政治に関与しても私利を追わず私党を作らず,冷静でありながら人情に厚い彼の姿勢は,後崇光院の〈天下の義者〉(《看聞日記》)という評言に最もよく表されている。また彼の記した《満済准后日記》は当時を知るための重要な史料である。…

※「黒衣の宰相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒衣の宰相の関連情報