コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓唄 つづみうた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼓唄
つづみうた

常磐津,清元にもあるが,おもに長唄の用語。元来は舞伎歌のなかで,伴奏だけで歌うものを鼓唄と称していたが,長唄では一曲のなかで,三味線を用いずに鼓の拍子だけで歌う部分だけを称するようになった。鼓唄のある代表的な曲としては,『木賊刈 (とくさかり) 』『蜘蛛拍子舞』『娘七種 (ななくさ) 』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つづみ‐うた【鼓唄】

長唄・浄瑠璃などで使われる特殊な演奏法。主に鼓を伴奏にしてうたうもの。義太夫節では、三味線が鼓の音色を模倣して奏する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つづみうた【鼓唄】

長唄の演奏形式。三味線を用いず,大鼓小鼓だけで囃すもの。一曲中の聞きどころをなし,妖怪や精霊を扱った曲で,主人公がその本当の姿をあらわす曲の後段に置かれる場合が多い。《鷺娘》の〈恋に心も……〉や《蜘蛛拍子舞》の〈わが背子が……〉など。《二人椀久(ににんわんきゆう)》の〈ふられず帰る……〉のような投節(なげぶし)風の印象を与えるものもある。立唄(たてうた)のみに歌うことを許されたが,江戸後期には鼓唄のうたい手は立唄よりも格が高く扱われたこともある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つづみうた【鼓唄】

多く長唄に見られる大鼓・小鼓だけを伴奏にした唄。まれに軽く三味線をあしらうこともある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鼓唄の関連キーワード鈴木万里(4代)堅田新十郎近江のお兼常磐津

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android