蜘蛛拍子舞(読み)くものひょうしまい

  • 〔長唄, 大薩摩〕
  • くものひょうしまい くものヒャウシまひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌舞伎舞踊曲。本名題『我背子恋合槌』。天明1 (1781) 年 11月江戸中村座初演。『四天王宿直着綿 (してんのうとのいのきせわた) 』のなかの所作事として作られた。大薩摩と長唄掛合。作詞1世桜田治助,作曲1世杵屋佐吉,振付藤間勘兵衛。白拍子妻菊に化けた葛城山女郎蜘蛛の精が,源頼光に障碍 (しょうげ) をなさんとするが,膝丸の太刀の威徳によって正体を現す。刀鍛冶尽しのくだりで頼光ら3人が踊るところに拍子舞が用いられている。 (→拍子舞物 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

歌舞伎舞踊。長唄。1781年(天明1)11月江戸中村座顔見世《四天王宿直着綿(してんのうとのいのきせわた)》の三建目所作事として初演。本名題《我背子恋の合槌(わがせこがこいのあいづち)》。作詞初世桜田治助,作曲初世杵屋(きねや)佐吉,振付2世藤間勘兵衛。源頼光が病気のため宿直の四天王の一人碓井貞光が警固するところに,白拍子妻菊が現れ,剣問答の拍子舞となる。妻菊のクドキから3人の手踊,見顕しになる。後段は鉄杖または紅葉の枝を持った妻菊実は蜘蛛の精が千筋の糸を投げる大時代な舞踊劇

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

歌舞伎所作事。長唄。初世桜田治助作詞。初世杵屋佐吉作曲。天明元年(一七八一)江戸中村座初演。本名題「我背子恋の合槌(わがせこがこいのあいづち)」。白拍子妻菊、源頼光、碓井貞光の三人で拍子舞があり、のち妻菊は葛城山の女郎蜘蛛の本性を現わして立ち回りとなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典の解説

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
桜田治助(1代)
演者
杵屋佐吉(1代)
初演
天明1.11(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

世界大百科事典内の蜘蛛拍子舞の言及

【長唄】より

…この期の唄方には初世富士田吉次のほか,のちに遊里に進出して荻江風(おぎえふう)長唄(のちの荻江節)を創始した初世荻江露友,そのほか初世坂田仙四郎,初世湖出市十郎,三味線方に錦屋総治,西川億蔵,初世杵屋作十郎,2世杵屋六三郎,囃子方に宇野長七,3世田中伝左衛門などがいる。 安永・寛政期(1772‐1801)は長唄が上方依存から江戸趣味へと転向し,内容本位の唄浄瑠璃風の長唄から拍子本位の舞踊曲へと移行する,いわば過渡期であり,《二人椀久(ににんわんきゆう)》《蜘蛛拍子舞(くものひようしまい)》がその代表曲であった。また,1792年(寛政4)には舞台に演奏者が並ぶための雛壇が採用されて,歌舞伎舞踊の舞台をより豪華なものとした。…

※「蜘蛛拍子舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android