コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

娘七種 むすめななくさ

世界大百科事典 第2版の解説

むすめななくさ【娘七種】

歌舞伎舞踊。長唄。本名題《春調娘七種(はるのしらべむすめななくさ)》。作詞は不詳。2世杵屋(きねや)六三郎作曲。1767年(明和4)正月江戸中村座初演の曾我狂言《初商大見世曾我(はつあきないおおみせそが)》の〈対面の場〉の前に演じられた。曾我五郎(市川弁蔵),十郎祐成(2世市川高麗蔵)に静御前(中村富治)がからみ,工藤祐経の館で春の七種を打つという所作事二上りで明るく古風にできており,色気に富み幽婉。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

娘七種
むすめななくさ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『春調(はるのしらべ)娘七種』。1767年(明和4)正月、江戸・中村座初演の『初商大見世曽我(はつあきないおおみせそが)』の「対面」の場の前に設けられた所作事(しょさごと)で、2世市川高麗蔵(こまぞう)、市川弁蔵(べんぞう)、中村富治(とみじ)によって演じられた。作詞者不詳。作曲2世杵屋(きねや)六三郎。春の七草の行事に事寄せて、工藤祐経(くどうすけつね)の館(やかた)へ入り込んだ曽我十郎・五郎に静(しずか)御前が絡むというもので、静がまな板の上で七草をすりこぎでたたくのにあわせ、兄弟が大小鼓を打つところが眼目。初春気分にあふれた古風な曲である。市山(いちやま)流に伝承された珍しい演目で、歌舞伎ではあまり演じられないが、長唄の名曲として知られる。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の娘七種の言及

【富士田吉次(富士田吉治)】より

…天性の美声で好評を博し,彼の長唄を聞くために観客が集まり,〈見物を呼ぶ唄うたひ古今稀れのものなり〉といわれた。三味線方の初世杵屋(きねや)忠次郎,2世杵屋六三郎,初世杵屋作十郎,初世藤間勘左衛門らと組んで《鷺娘》《娘七種(むすめななくさ)》《吉原雀》《安宅松(あたかのまつ)》などの名曲を残す。なお,実子の藤次郎は襲名せず,富士田千蔵を名のり初世となった。…

※「娘七種」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

娘七種の関連キーワード杵屋六三郎(2代)富士田吉次(吉治)富士田吉次(初代)杵屋六三郎(2世)歌舞伎舞踊鼓唄

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android