コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓膜裂傷 こまくれっしょうLaceration of Tympanic Membrane

家庭医学館の解説

こまくれっしょう【鼓膜裂傷 Laceration of Tympanic Membrane】

[どんな病気か]
 外的な力が加わって鼓膜が破れた状態です。
 耳かき、マッチ棒、異物などの直接的な力が加わっておこるほか、平手打ち、爆発、爆風などの外耳道気圧の急激な上昇などの間接的な力でもおこります。
 症状は、最初耳に痛みがあり、少し出血しますが、徐々に治まります。しかし、難聴(なんちょう)と耳鳴りが残ります。耳鏡(じきょう)で観察すると、鼓膜に穿孔(せんこう)が見えます。
[治療]
 穿孔の大きさ・形・自然閉鎖の程度や速さによって、治療内容がちがいます。
 若い人で、それほど大きくない孔であれば、孔が塞(ふさ)がるのを待ちます。
 二次的な中耳炎(ちゅうじえん)を予防するため、抗生物質を使用することもあります。
 鼻を強くかまないように注意します。孔がそのまま残ったときには、鼓膜形成術(こまくけいせいじゅつ)が必要になります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

鼓膜裂傷の関連キーワード伝音難聴と感音難聴

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android