コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆風 ばくふうexplosion blast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爆風
ばくふう
explosion blast

爆発によって生じる急激な風圧。爆発とは急激な化学反応による圧力上昇現象をいい,その圧力の伝播,すなわち衝撃波を爆風といい,その圧力を爆風圧または爆圧という。圧力の急上昇は,急激な化学反応による反応熱,または急激な物質状態の物理化学的変化 (異相変化) による発熱で,気体が局所的に急激に膨張するためである。爆発後中心部の空気が冷却すると体積が収縮し負圧を生じ,爆発時と逆向きの爆風を生じる。これを戻り爆風という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ばく‐ふう【爆風】

爆弾などが爆発するときに起こる強い風。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくふう【爆風】

爆発によって起こる強い風。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の爆風の言及

【爆ごう(爆轟)】より

…爆ごう波の前面には急激な圧力上昇を生じるため,これが通過するとともに圧力が急変する。これによって爆ごう波は大きな破壊作用を伴うこととなり,爆風と呼ばれることがある。また,爆風の通過した後,圧力が急激に下降した末に負圧部を生じ,風が逆方向に吹いて,戸外からの爆風によって窓が外部に吹き飛ばされるという現象がみられることがある。…

【爆発】より

…さらに,爆ごう波が可燃性の媒体の存在する空間を通過してしまうと火炎は消滅して,後は衝撃波のみが伝播する。この状態は爆風と呼ばれ,ここでは化学反応によるエネルギーの補給がないので爆風はしだいに減衰して最後には音波となる。 なお,物理的爆発の一つであるボイラーの爆発は,内圧の上昇によって容器の一部が破壊されたとき,圧力は一時解放されるが,その結果として過熱状態にある水が急速に平衡状態に戻ろうとして突沸するために起こる現象で,この形式の爆発は水蒸気爆発と総称される。…

※「爆風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

爆風の関連キーワードリゾ・ラバ 広島、長崎に落とされた原子爆弾セント・ヘレンズ[山]大きな玉ねぎの下でうわさに、なりたい被爆者の健康被害青春の役立たず戦略爆撃調査団シェルショックパッパラー河合タファネル坑道核シェルターくにゃくにゃ被爆アオギリRunnerシェルター迷路振盪症中性子爆弾対爆スーツ原子爆弾症

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

爆風の関連情報