コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爆風 ばくふうexplosion blast

3件 の用語解説(爆風の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

爆風
ばくふう
explosion blast

爆発によって生じる急激な風圧。爆発とは急激な化学反応による圧力上昇現象をいい,その圧力の伝播,すなわち衝撃波を爆風といい,その圧力を爆風圧または爆圧という。圧力の急上昇は,急激な化学反応による反応熱,または急激な物質状態の物理化学的変化 (異相変化) による発熱で,気体が局所的に急激に膨張するためである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ばくふう【爆風】

爆発によって起こる強い風。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の爆風の言及

【爆ごう(爆轟)】より

…爆ごう波の前面には急激な圧力上昇を生じるため,これが通過するとともに圧力が急変する。これによって爆ごう波は大きな破壊作用を伴うこととなり,爆風と呼ばれることがある。また,爆風の通過した後,圧力が急激に下降した末に負圧部を生じ,風が逆方向に吹いて,戸外からの爆風によって窓が外部に吹き飛ばされるという現象がみられることがある。…

【爆発】より

…さらに,爆ごう波が可燃性の媒体の存在する空間を通過してしまうと火炎は消滅して,後は衝撃波のみが伝播する。この状態は爆風と呼ばれ,ここでは化学反応によるエネルギーの補給がないので爆風はしだいに減衰して最後には音波となる。 なお,物理的爆発の一つであるボイラーの爆発は,内圧の上昇によって容器の一部が破壊されたとき,圧力は一時解放されるが,その結果として過熱状態にある水が急速に平衡状態に戻ろうとして突沸するために起こる現象で,この形式の爆発は水蒸気爆発と総称される。…

※「爆風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

爆風の関連情報