コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

100BASE-T4

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

100BASE-T4

100Mbps Ethernetの物理レイヤの1つ。すでに広く普及した10BASE-Tでは、2つのツイストペアからなるUTPケーブルを利用し、一方のペアで送信を、他方で受信を行なう。この際ケーブルのグレードとしては、カテゴリ3、4、5のいずれかを利用できる。これに対し100BASE-TXでは、カテゴリ5未満のケーブルは利用できない。ネットワーク用ケーブルの敷設工事を行なう場合、現在ではほとんどの場合カテゴリ5を用いるのだが、カテゴリ5のケーブルが一般化する以前に敷設された古いカテゴリ3(ボイスグレード)のケーブルでは、100BASE-TXを利用できないことになる。この問題を解決して、カテゴリ3ケーブルでも100Mbpsでのデータ転送を可能にするのが100BASE-T4である。100BASE-T4では、信号のクロックを25MHzに低下させる代わりに(100BASE-TXでは125MHz)、4つのツイストペアケーブルを利用し、このうち3つをデータ転送用(送受信用)として、もう1つをコリジョン検出用として用いる。10BASE-T100BASE-TXのように送信/受信用として独立したチャネルを持たないので、基本的に100BASE-T4では全二重通信サポートされない。ただしネットワークの普及が米国に比較して遅れた日本では、ほとんどの場合、ネットワーク用としてはデータグレードのカテゴリ5を用いてケーブルを敷設しており、カテゴリ3ケーブルを使用する100BASE-T4の需要はそれほど高くない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

100BASE-T4の関連キーワードフレーム間隔時間ギガビットEthernet広域Ethernet100BASE-TX高速Ethernetロバート・メトカルフェ10GbEFDDI100VG-AnyLAN10BASE-T