コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

100BASE-T4

1件 の用語解説(100BASE-T4の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

100BASE-T4

100Mbps Ethernetの物理レイヤの1つ。すでに広く普及した10BASE-Tでは、2つのツイストペアからなるUTPケーブルを利用し、一方のペアで送信を、他方で受信を行なう。この際ケーブルのグレードとしては、カテゴリ3、4、5のいずれかを利用できる。これに対し100BASE-TXでは、カテゴリ5未満のケーブルは利用できない。ネットワーク用ケーブルの敷設工事を行なう場合、現在ではほとんどの場合カテゴリ5を用いるのだが、カテゴリ5のケーブルが一般化する以前に敷設された古いカテゴリ3(ボイスグレード)のケーブルでは、100BASE-TXを利用できないことになる。この問題を解決して、カテゴリ3ケーブルでも100Mbpsでのデータ転送を可能にするのが100BASE-T4である。100BASE-T4では、信号のクロックを25MHzに低下させる代わりに(100BASE-TXでは125MHz)、4つのツイストペアケーブルを利用し、このうち3つをデータ転送用(送受信用)として、もう1つをコリジョン検出用として用いる。10BASE-T100BASE-TXのように送信/受信用として独立したチャネルを持たないので、基本的に100BASE-T4では全二重通信サポートされない。ただしネットワークの普及が米国に比較して遅れた日本では、ほとんどの場合、ネットワーク用としてはデータグレードのカテゴリ5を用いてケーブルを敷設しており、カテゴリ3ケーブルを使用する100BASE-T4の需要はそれほど高くない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

100BASE-T4の関連キーワードFDDIタム東京理科大学宇宙物理学海洋物理学窮理通物理物理変化岩石物理学近角聡信

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone