コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2千円札 にせんえんさつ

1件 の用語解説(2千円札の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

2千円札

日本銀行券(紙幣)の一つ。沖縄サミットの開催と西暦2000年をきっかけとして、1999年に小渕内閣が発案し、2000年7月に森内閣が発行した。表面には沖縄県指定有形文化財である守礼門が、裏面には紫式部の肖像や源氏物語絵巻の絵図などが描かれている。特に沖縄県を中心とし全国的に使用促進が図られ、03年までに計8億8000万枚発行されたが、他紙幣と間違えやすい、使用メリットが少ないなどの理由により04年度以降は印刷されていない。一部のコンビニエンスストアでは、ATM内に設置する枚数を抑えられるといった理由でよく収容されていたが、09年ごろよりほとんどが2千円札を扱わない新型ATMに転換された。14年6月末現在の流通量は9900万枚まで落ち込んでおり、その4割方が沖縄で流通している。

(2014-8-5)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2千円札の関連キーワード銀行券発行制度紙幣日本銀行券不換紙幣兌換銀行券太平洋島サミットEUサミットBOJ(Bank of Japan)九州・沖縄サミット宮崎外相会合サミット・コルモ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

2千円札の関連情報