コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

2次汚染 にじおせん secondary pollution

1件 の用語解説(2次汚染の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

2次汚染
にじおせん
secondary pollution

環境中に排出された物質が相互に反応して,新たな大気汚染物質を合成したり,有害な生物を繁殖させて水質を汚濁させるなどの現象をいう。具体的には工場,自動車などから排出された窒素酸化物炭化水素が太陽光線に刺激されて,環境中にオゾンPANなどのオキシダント類およびホルムアルデヒドなどの還元物質をつくりだして起る光化学スモッグ現象,また工場,家庭などから排出された窒素,リンなどの栄養塩類が湖沼,湾,沿海を富栄養化させ,特定のプランクトン異常増殖させて赤潮,水の華を大発生させ,水質の汚濁,底質の悪化を招くケースなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

2次汚染の関連キーワード馬尿酸物質代謝エミッション前駆体排気ガス排出物防食示差屈折計気体容積の法則残留性有機汚染物質(POPs)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone