コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

200日戦闘 にひゃくにちせんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

200日戦闘
にひゃくにちせんとう

北朝鮮において 1988年2月 20日から9月9日 (建国 40周年記念日) までの 200日間,集中的に行なわれた生産促進運動。朝鮮労働党中央委員会の決定により行なわれ,工業生産額は前年同期比で 22%増であったと発表された。 88年9月には再び 200日戦闘が提案され,89年4月まで実行された。これは,第3次経済7ヵ年計画の早期達成を狙うものであった。しかし,このような集中的な生産促進運動は,期間中の生産性は高いが,終了直後には生産性が急激に下がるといわれており,経済全体にかなりの後遺症を与えたともいわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

200日戦闘の関連キーワード竹下登内閣板場真二香西かおり北山雅康仮面ライダーBlack青い山脈宇高航路済州島事件植物生理学文学賞

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

200日戦闘の関連情報