コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3C分析

2件 の用語解説(3C分析の意味・用語解説を検索)

マーケティング用語集の解説

3C分析

Customer(市場・顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの言葉の頭文字を取ったもの。環境変化のトレンドを、漏れのない視点で押さえるときに使う枠組み(=フレームワーク)の1つ。

出典|マーケティングキャンパス
Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集の解説

3C分析

3C分析
・3Cとは、Customer(市場・顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つの言葉の頭文字であり自社や事業部等がどのような経営環境に置かれているのか現状を状況を分析し経営課題発見、戦略代替案の発想などに活用するフレームワークである。
・例えば、Customer(市場・顧客)・Competitor(競合)の外部環境分析から、その事業でのビジネスのKSF(key success factorの略 成功要因)を発見し、続いてCompany(自社)分析によって自社の現状とKSFとのギャップを捉えて戦略を策定し、主にマーケティング分野等で活用されていたものが広く経営分析ツールとして広がった。

3C分析の視点は以下の通りである。
�Customer(市場・顧客)分析
顕在・潜在顧客の購買意思や能力を把握する。具体的な分析の視点としては、市場の規模・成長性、各セグメントニーズ、購買過程等が挙げられる。
�Competitor(競合)
潜在・顕在している競争状況や競争他社について把握する。
具体的な分析の視点としては、競合相手の数(寡占度合い)、製品・サービスの特性、競合他社の強み弱み(生産・販売・財務・技術開発などに関する能力等)・経営資源等が挙げられる。

�Company(自社)
自社の経営資源や企業活動についての現状を把握する。具体的な分析の視点としては、自社の商品特性、技術力、販売力、組織・人材といった社内資源と、売上、シェア、利益率、認知率等の市場での地位が挙げられる。

・尚メーカーでの戦略策定において、流通チャネルを加味する必要がある場合、Channel(流通チャネル)を加えた4Cで分析されることもある。他には、Cost (費用)を加えた4C分析や、Context(状況・文脈)、Collaboration・Cooperation(協力関係)を加えた4C分析や5C分析も存在する。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

3C分析の関連キーワード競合他社分析マーケティングの3C生物化学分析環境分析競合分析ストラテジック・プランニング3C/4C戦略の3Cベートーヴェン:ピアノ協奏曲 第3番 ハ短調/piano and orchestra(concerto)

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

3C分析の関連情報