潜在(読み)センザイ

大辞林 第三版の解説

スル
表面にはっきりと表れないが、内部にひそかに存在すること。伏在。 ⇔ 顕在 -する勢力の結集

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 表面に現われないで、内にひそんで存在すること。伏在。⇔顕在
※理学秘訣(1816)「又一種の奇肉ありて、鼻孔内漉酒骨(ろくしゅこつ)の内ちに潜在(センザイ)(〈注〉ヒソミ)して」
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉帰ってから「其裏に不機嫌を蔵さうとする不自然の努力が強く潜在(センザイ)してゐる事が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の潜在の言及

【抗原】より

…抗原は次の2条件から定義される。条件(1) 脊椎動物の体内に入って,それだけに反応性をもつ(これを特異性という)抗体や感作リンパ球をつくって,その個体に免疫を成立させるが,条件によってはそれに特異的な不反応性(免疫学的寛容)状態を成立させる能力,またはその潜在能力をもつ物質。条件(2) できた抗体,または感作リンパ球と生体の内外で特異的に反応する(潜在)能力をもつ物質。…

※「潜在」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

潜在の関連情報