コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

3R 3R/3あーる/すりーあーる/さんあーる reduce/reuse/recycle

4件 の用語解説(3Rの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

3R

大量廃棄社会から循環型社会への転換が求められる中で、ごみの減量やリサイクルの促進へ向けて定式化された行動目標を表す標語。発生抑制(reduce、買う量や使う量を減らすこと)、再使用(reuse、使えるものは繰り返し使うこと)、再生利用(recycle、再び資源として生かすこと)の英語の頭文字に由来する。この順で環境負荷削減効果が大きく、優先的に取り組まれるべきとされる。リサイクルには、マテリアル(素材的)リサイクル、ケミカル(化学的)リサイクル(例えば廃プラスチックナフサに戻す)、サーマル(熱的)リサイクル(例えば廃棄物を焼却して熱エネルギーを回収する)があり、この順で優先されるべきとされ、どういう場合に、どのリサイクルをすべきかが問われる。発生源からごみを断つという意味でrefuse(ごみになるものは買わない)を加えて、4Rと呼ばれる場合もある。

(植田和弘 京都大学大学院教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

3R

循環型社会をつくるための三つのR。Reduce(リデュース)(ごみを減らす)、Reuse(リユース)(繰り返し使う)、Recycle(リサイクル)(再び資源に使う)をさす。近年、「リサイクルのためのリサイクル」の弊害が指摘され、リデュースとリユースこそが大切といわれる。

(2008-01-07 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

3R【スリーアール】

循環型社会を目指す標語として用いられる言葉。リデュースReduceすなわち廃棄物の発生抑制,リユースReuseすなわち再使用,リサイクルRecycleすなわち再生利用・再資源化という英語の頭文字をとった言葉である。
→関連項目容器包装リサイクル法

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

マーケティング用語集の解説

3R

リレーションシップ(Relationship)、リテンション(Retention)、リファラル(Referral)の頭文字を取ったもの。顧客との関係強化、既存顧客の継続利用、顧客の口コミ創造が目的となる。

出典|マーケティングキャンパス
Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

3Rの関連キーワード資源有効利用促進法循環型社会議会主義循環型社会形成推進基本法環境白書社会型建設リサイクル法ストック型社会three Rリデュース

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

3Rの関連情報