コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

循環型社会形成推進基本法 じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう

4件 の用語解説(循環型社会形成推進基本法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

循環型社会形成推進基本法

大量生産、大量消費、大量廃棄社会を資源循環型の社会に変えるために、国の基本的な考え方と国、事業者、国民の責務などを定めた基本法。2000年5月に成立、01年施行。容器包装リサイクル法家電リサイクル法廃棄物処理法資源有効利用促進法(2001年施行)、建設リサイクル法(02年施行)、食品リサイクル法グリーン購入法(同)などの個別法を束ねる。(1)ごみの発生を抑制し、次に再使用、再利用と優先順位をつけた、(2)生産者は設計の工夫などで製品がごみにならないように努力し必要な場合は使った製品を引き取る、(3)循環型社会の形成を総合的・計画的に進めるための循環型社会形成推進基本計画の策定を定めている。

(杉本裕明 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしん‐きほんほう〔ジユンクワンがたシヤクワイケイセイスイシンキホンハフ〕【循環型社会形成推進基本法】

環境基本法の理念に則り、循環型社会をつくるための基本原則を定めた法律。国、地方公共団体、事業者及び国民の役割・責務を明記し、循環型社会形成推進基本計画を策定するなどし、循環型社会形成を推進する。平成12年(2002)成立。本法では、リデュース(廃棄物の発生抑制)→リユース(再使用)→リサイクル(再生利用)→熱回収→適正処分という処理の優先順位を明確にし、廃棄物等のうち有用なものを循環資源とした。製品の生産者は製品の再利用や処理についても責任を負うという拡大生産者責任の原則が規定された。→廃棄物処理法資源有効利用促進法家電リサイクル法グリーン購入法建設リサイクル法自動車リサイクル法食品リサイクル法容器包装リサイクル法
[補説]この法律において「循環型社会」とは、環境への負荷ができる限り少ない以下のような社会をいう。廃棄物の発生を抑え(リデュース)、使用済製品がリユースリサイクル・熱回収等により循環資源として適正に循環的に利用され、循環的な利用が行われないものについては適正に処分され、天然資源の消費が抑制される社会である。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

循環型社会形成推進基本法【じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう】

リサイクルを徹底し,資源,環境に負担をかけない循環型社会を目指して,2000年5月に制定された基本法。廃棄物の処理の優先順位を,〈発生抑制〉〈再使用〉〈再生利用〉〈熱回収〉〈適正処分〉とした。
→関連項目3R

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

循環型社会形成推進基本法
じゅんかんがたしゃかいけいせいすいしんきほんほう

循環型社会形成を推進していくうえでの基本理念と、政府が循環型社会形成に取り組むプログラムを規定した法律。平成12年法律第110号。2000年(平成12)6月公布、施行。形成すべき「循環型社会」を「廃棄物の発生抑制、循環資源の循環的な利用、適正な処理の確保によって天然資源の消費を抑制し、環境負荷ができるかぎり低減される社会」と規定している。廃棄物政策について「発生抑制」(リデュース、reduce)、「再使用」(リユース、reuse)、「再生利用」(リサイクル、recycle)、「熱回収」、「適正処分」という優先順位を明確にしたほか、事業者は製品が使用済みになった後まで責任を負うという「拡大生産者責任」(EPR)の原則を定めた。具体的な施策は5年ごとに策定される「循環型社会形成推進基本計画」に基づいて行われることとなっている。2003年3月に第一次計画、2008年3月に第二次計画が策定された。計画には、「資源生産性」(1トンの天然資源で生産されるGDP国内総生産)の額)、「循環利用率」(リサイクルされた資源の割合)、「最終処分量」(廃棄物の埋立量)の三つの具体的な目標指標が設定されており、第二次計画では2015年度までの達成目標として、資源生産性42万円/トン(2005年度33万円/トン)、循環利用率14~15%(同12.2%)、最終処分量2300万トン(同3200万トン)となっている。[山本耕平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

循環型社会形成推進基本法の関連キーワード循環型社会環境基本法環境基本計画グリーン購入法森林・林業基本法環境白書three R生物多様性基本法リデュースごみの3R

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

循環型社会形成推進基本法の関連情報