コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

64式小銃 ろくよんしきしょうじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

64式小銃
ろくよんしきしょうじゅう

1964年に日本の陸上自衛隊が制式化した国産小銃。自動,半自動の切替えが可能で,単・連発いずれかの射撃ができる。アメリカ軍から供与されたM1ライフルに代って,62年から日本人の体格に合せて小型軽量化され,創製された。口径 7.62mm,全長約 990mm,銃身長 450mm,重量 4.4kg (脚付き,弾倉を除く) ,有効射程 300~400m。 20発入りの箱弾倉で給弾され,ガス利用衝撃式によって作動する。最大発射速度毎分 500発。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

64式小銃の関連キーワード玖珠駐屯地武器紛失事件自動小銃

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

64式小銃の関連情報