APOP(読み)えーぽっぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典「APOP」の解説

APOP

Authenticated POP(Post Office Protocol)の略。サーバーが送ったランダム文字列パスワードを組み合わせてハッシュ値を生成し、これを使ってPOPサーバーに認証する仕組みのこと。メールサーバーからメッセージをダウンロードするために使われるPOP3では、ユーザー認証にパスワードが平文のまま送信されるため、盗聴されると他人にパスワードを知られてしまう危険性がある。APOPはこの認証方法を強化し、パスワードを暗号化して送信できるようにした。クライアントからサーバーに送られるハッシュ値はログインごとに異なるので、通信経路の途中でデータが傍受されても、パスワードが漏えいしないという仕組みだ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「APOP」の解説

エーポップ【APOP】

電子メールを受信する際、パスワードを暗号化して認証する仕組み。メールサーバーから送られたランダムな文字列とパスワードを組み合わせて暗号化を行う。サーバーにパスワードを平文(ひらぶん)のまま送信するPOP3よりは安全性が高い。◇「authenticated post office protocol」の頭文字から。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉「APOP」の解説

エー‐ポップ【APOP】[authenticated post office protocol]

authenticated post office protocol》電子メールを受信する際、パスワードを暗号化してユーザー認証をする手法POP3に比べ、安全性が高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android